「時間」感覚の等価機能主義的な社会システム理論

「時間」感覚の等価機能主義的な社会システム理論

ニクラス・ルーマンの等価機能主義的な社会システム理論をユルゲン・ハーバーマスのコミュニケーション的行為の理論と比較することにより、宗教の社会構造と時間の意味論を展開する。更にフランシスコ・ヴァレラとウンベルト・マトゥラーナのオートポイエーシス概念やヴァレラの神経現象学との比較により、システムの再帰的な自己言及の「速度」を追求することによる時間感覚の制御可能性を観察する。

記事を読む

「記憶」想起の人間学的唯物論的なメディア美学

「記憶」想起の人間学的唯物論的なメディア美学

17世紀ドイツバロック芸術における根源の無常化された憂鬱な世界観を背景に、ヴァルター・ベンヤミンの人間学的唯物論のメディア美学をテオドール・アドルノの否定主義的な美学と比較する。この観点から、バベルの塔の如き純粋言語の過剰命名問題を背負った「言語メディア」、模倣的神経刺激による美的仮象なき遊戯空間を展開する「知覚メディア」、ショック体験の触覚的な享受や寓意的な蒐集で補強され得る「記憶メディア」の中で、メシア的な「神の暴力」と「万物復興」へと肉薄し得る「理念」の叙述が如何にして可能になるのかを問う。

記事を読む

仏教の社会構造とマインドフルネス瞑想の意味論

仏教の社会構造とマインドフルネス瞑想の意味論

仏陀の原始仏教の時代から伝承されている「ヨーガ」や「ヴィパッサナー瞑想」の歴史的意味論を背景として、諸行無常、諸法無我、五蘊論のような諸概念を手掛かりに、「マインドフルネス」と「アウェアネス」の心的経験を探究していく。更に哲学的人間学と結び付けることで、「側頭葉癲癇」、「トランス状態」、「変性意識状態」、「フロー状態」などのような心理状態に関する神経生理学や心理学だけではなく、瞑想状態を文化的に方向付ける模倣的神経刺激の知覚メディアを設計することの重要性を指摘する。

記事を読む

Webクローラ型人工知能によるパラドックス探索暴露機能の社会進化論

Webクローラ型人工知能によるパラドックス探索暴露機能の社会進化論

ELIZA、PARRY、Watson、TayのようなChat bot、エキスパートシステム、認知コンピューティングの歴史を遡り、ユーザーの「精神」や「意識」なるものを文化的に方向付けるテクノロジーの代表格が「人工知能」であるということを説明していく。これらの文化的歴史は心理学や近代教育学による影響から脚色されてはいるが、ここではその影響を排除することで、社会的文化的進化を妨げる既成概念のパラドックスを探索して暴露するWebクローラ型の「人工知能」が要求されることを説明する。

記事を読む

深層強化学習によるベイズ主義的な情報探索に駆動された自然言語処理の意味論

深層強化学習によるベイズ主義的な情報探索に駆動された自然言語処理の意味論

Webクローラ型の人工知能の設計への応用を見据えて、ベイズ主義の基本となる「ベイズ更新」、確率的バンディット問題における「バンディットアルゴリズム」、Q学習をはじめとした「強化学習」、深層ボルツマンマシンをはじめとした「深層学習」、状態-行動価値推定の関数近似を目指した「深層強化学習」、そして言語モデルに基づく「自然言語処理」を説明していく。

記事を読む

ハッカー倫理に準拠した人工知能のアーキテクチャ設計

ハッカー倫理に準拠した人工知能のアーキテクチャ設計

クリストファー・アレグザンダーの「セミラティス」とハーバート・アレグザンダー・サイモンの「人工科学」の差異を背景に、「人工知能」と「アーキテクチャ設計」を社会システム理論的に接続させる。その上で、「パターン・ランゲージ」、「不確実性の吸収」の設計理論を機能的に比較し、「ハッカー倫理」や「コンヴィヴィアル・ツール」などの設計思想を「ラショナル統一プロセス」と「オブジェクト指向設計」の思想に接続させる。

記事を読む

ヴァーチャル・リアリティにおける動物的「身体」の蒐集を媒介としたサイボーグ的な物神崇拝

ヴァーチャル・リアリティにおける動物的「身体」の蒐集を媒介としたサイボーグ的な物神崇拝

ベンヤミンの人間学的唯物論をゲオルク・ルカーチ、ゲルショム・ゲルハルト・ショーレム、フランツ・カフカ、ベルトルト・ブレヒト、エルンスト・ブロッホとの関連から再記述することで、「サイボーグ」、「トランスヒューマニズム」、「人間後の存在(ポストヒューマン)」、「技術的特異点(シンギュラリティ)」、「バイタルサイン」、「エンハンスメント論争」、「人間中心主義」の派生問題に対する解決策が、ヴァーチャル・リアリティにおける「物象化」された動物的身体の「物神崇拝」であることを指摘する。

記事を読む